アットベリーに含まれている5種類の美白成分とは

薬用アットベリーは多くの美容成分と有効成分が配合されていますが、それをオールインワンで使うことが出来る美白ジェルとなっています。

 

肌の黒ずみや二の腕ぶつぶつ、ニオイのケアまで同時に行えることが魅力です。

 

またワキや二の腕だけでなく、デリケートゾーンも美白することが出来ますからコストパフォーマンスに優れています。

 

そんな薬用アットベリーの5種類の美容成分には一体どんなものがあるのでしょうか?

 

アットベリーの美白成分

 

美容美白成分がたっぷり

 

アットベリーには美白成分として美容成分がたっぷり含まれています。

 

中でも天草フラボノイドやプラセンタエキスは定番と言っても良いでしょう。
さらにトレハロースで美白を、ヒアルロン酸で潤いを、セラミド、エラスチンで美白サポート、コラーゲンでさらに潤いを持続させます。

 

これらの美容成分によって薬用アットベリーは成り立っていますが、注目すべきはこれらの美容成分がサンドイッチ状になって作られているということです。

 

あえて高分子ヒアルロン酸を肌の表皮にとどまらせることにより、美容成分の蒸発をふさいでしっかり美白に導きます。

 

 

浸透性コラーゲンとオリゴヒアルロン酸で美白

 

特に浸透性の高い浸透性コラーゲンとオリゴヒアルロン酸を使うことによって美白をかなえることが出来ます。
この2つの美容成分はナノ化されていますから、毛穴からぐんぐんとしみわたり、角質層まで到達、内側から美白をキープします。
セラミドも本来肌にあるバリア機能の1つですが、アットベリーにプラスすることでより外部からの刺激から肌を守ってくれますから、新たな黒ずみが出来るのを防いでくれるのです。
乾燥しやすい部分には特に重宝する成分ですから、ちょっとカサつきが気になるな、という部分にはアットベリーで対策を立てましょう。

 

高分子ヒアルロン酸を使って膜を張っているのも美容効果を狙ってのことですし、薬用アットベリーはかなり考え抜かれ、研究されたアイテムだと言えます。