アットベリー独自のトリプルサンド方式ケアについて

薬用アットベリーは実は医薬部外品というところに分類されるものです。
化粧品よりも効果がハッキリしており、医薬品よりマイルドに効果を発揮するというものですから、確かな効果があると期待しても良いでしょう。

 

ワキの黒ずみやひじ、膝など気になる部分の黒ずみに効果的に美白効果を発揮します。

 

そんな薬用アットベリーのトリプルサンド方式とは一体どんなものなのでしょうか?

 

アットベリーのトリプルサンド方式ケア

 

メラニン生成を抑制し、潤い成分をたっぷり与える

 

薬用アットベリーは独自のトリプルサンド方式というものをとっています。
内側からも外側からも同時にケアして美白をかなえるというものです。

 

厚い角質もスーッと浸透

まず、厚い角質層にもスムーズに入っていく高い浸透力を持っています。
浸透性コラーゲン、オリゴヒアルロン酸など美容成分はナノ化されており極小となっていますから、美容成分はぐんぐん角質層まで浸透していきます。

 

表面の外から集中的に閉じ込みケア

次に表面からはあえて高分子のヒアルロン酸で表皮で潤いをとどめ、美容成分が肌から蒸発するのを防いでいます。

 

保湿力ベールで刺激対策も完成

最期に保湿力ベールとしてセラミド、エラスチンが肌に薄く保護膜を張ってくれますから、外部からの刺激もシャットアウトしてくれます。

 

これがトリプルサンド方式と呼ばれるものです。

 

 

では保湿はアットベリー1つで充分?

 

アットベリーは美白成分が5種類入っており、それらを有効的に効かせるためにトリプルサンド方式をとっているので、それ以上に保湿クリームなどを使う必要はありません。
薬用アットベリーオンリーで保湿をしっかりすることが出来ます。
ですから黒ずみが気になる部分にはアットベリーを、他のボディケアにはお気に入りのボディクリームを使ってもOK。
もちろん、全身に薬用アットベリーは使うことが出来ますから、贅沢使いしてもOKです。

 

このような構造になっているアットベリーは大手メディアでも大変話題になっている美白ジェルなのです。
特に美容関係の雑誌によく掲載されていますから、チェックしておくと良いでしょう。
また夏までにワキの黒ずみをなんとかしたい!という人も、冬の間にケアを始めると夏までに間に合います。